北限のオリーブ茶

宮城県石巻市にあるソーシオ農園では大切に育て、厳しい冬を乗り越え元気に育った北限のオリーブ畑があります。

オリーブの葉には、オレウロペインという抗酸化力を持つポリフェノール化合物がたくさん含まれています。
私たちは元気なオリーブのパワーを皆様にお分けしたいと思い、オリーブ茶を作りました。
手作りなので大量にはお出しできませんが、皆様の健康維持に役立ててほしいと思います。

元気に育った北限のオリーブ葉を乾燥させ粉末にしたお茶です。
オリーブの葉100%の無添加ですので、お子様からご年配の方、美容や健康を気遣う方に安心してお飲みいただけます。
飲みやすく、爽やかな苦みのあるお茶ですが、苦みが気になる場合は水や氷で薄めてお召し上がりください。

お買い物はこちら

名称:オリーブ抹茶ティーパック 原材料名:オリーブの葉
内容量:3g×10袋 賞味期限:製造より1年
保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください。
取扱い上の注意:オリーブ抹茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお飲みください。

北限のオリーブはポリフェノールがたっぷり!

北限のオリーブ茶はオレウロペインというポリフェノールがたっぷり含まれています。

2021年8月、日本食品分析センター様に高速液体クロマトグラフィーで分析を依頼したところ、
オレウロペインの含有量は100g中なんと14g!!

北の大地で育ったオリーブには、たくさんのオレウロペインが含まれているのが証明されました。

2021年7月1日(木) 河北新報朝刊に掲載いただきました。

ソーシオ農園の北限のオリーブ茶を記事にして頂きました。
写真の人物はソーシオ農園の社長です。

宮城県石巻市にある道の駅「上品の郷」では、ソーシオ農園の直売品を格安でご提供させて頂いております。

お召し上がり方

1

お湯出しの場合

  1. ティーポットにティーパック1包を入れます。
  2. 熱湯を注ぎお好みの濃さでお召し上がりください。

2

煮出しの場合

  1. やかんに水とティーパックを一緒に入れて煮出します。
  2. 沸騰したら弱火で3~5分煮出してください。
    煮出した後に少し蒸らすと、さらに色味や香りが濃厚になります。

Point1 濃い目に抽出して、水筒に氷と一緒に入れると濃さがちょうどよくなります。
Point2 煮出したお茶は余熱が冷めたら冷蔵庫で冷やして飲むと飲みやすいです。

【使用後】オリーブ葉の活用について

せっかくのオリーブの葉は抽出後に捨ててしまうのはもったいない!と、思う方に向けた情報です。

オリーブ葉は、お肉やお魚に振り掛けて食べることで、成分を余すことなく取り込めます!ぜひ、お試しください!!

三陸道石巻女川ICを降りて信号機を直進、国道398号線から県道33号線へ